スーパーなどでよく見かけるもずくですが、もずくにもいろいろな製品があることはご存知でしたか?製品表記を見てみると、生もずく」や「塩蔵もずく」と書かれているのがわかります。それを見て特に気になるのは、開封したらそのまま食べられるのか、それとも下処理が必要なのかどうかですよね?

実際に、「もずくは洗うの?それともそのまま食べられるの?」という声はよく聞きます。そこで、今回はその疑問に答えていきたいと思います。また、食べ方と保存方法もあわせてチェックしていきますね。

では、さっそく見ていきましょう。

 

もずくは食べる前に必ず洗う

結論からお伝えすると、

 

購入したもずくは、食べる前に必ず洗うようにしましょう。

 

生もずくでも塩蔵もずくでも、食べる前に洗う必要があります。
※もずく酢など味付けされたもずくは洗いませんが、それは例外なので今回は外します。

生もずく塩蔵もずくも洗う必要がありますが、洗い方は違いますそれぞれのもずくの洗い方と食べ方、保存方法について見ていくことにしましょう。

まずは、生もずくから!

 

生もずくは、ササッと水洗いするだけ

生もずくは、とても簡単でササッと水洗いするだけです。

 

生もずくは冷凍保存や冷蔵保存で販売されています。冷凍生もずくなら、まずは解凍をしてそのあとに流水で洗い流すようにしてください。水揚げしてすぐに冷凍された加工されてないもずくなので軽く水洗いして、表面についている海塩を落としましょう。海塩を落とすとすぐにでも食べられます。シンプルな味付けで食べたり、本格的なもずく料理を作って楽しんでください。

冷凍生もずくには注意点もあります。一度解凍した生もずくは、再度冷凍すると品質が落ちてしまいます。解凍したものは一度に使い切るようにしましょう。生もずくは食べる際にあまり手間はかかりませんし、“水揚げされたばかりの新鮮な状態に一番近いもずく”ですのでおすすめです。

賞味期限については「生もずくの賞味期限はどのくらい?保存方法はどうするの?」で詳しく説明しています。

 

今度は塩蔵もずくについて見ていきましょう。

 

塩蔵もずくは、しっかりと塩抜きをしよう

塩蔵もずくは、しっかりと塩抜きをしましょう。塩抜きをしないと食べれません!

 

1.まずは、ボウルに塩蔵もずくを取り出して、軽く水で洗い流します。

2.その後、ザルを使って軽く水切ります。

3.次に、水を溜めたボウルに塩蔵もずくを移して30分程度つけておくと、自然に塩が抜けていきます。

4.味見をしてみて、塩が抜けていたら塩抜き成功です。

5.最後に、ザルに移して水切りをしたら完了です。ザル入れたまま冷蔵庫で冷やすとしっかりと水が切れます。

塩抜きに関しては「塩蔵もずくの塩抜きに失敗しない方法とは?時間や保存は?」でも詳しく説明しています。

 

塩抜きが完了したら、本格的に調理が開始できます。お好みのドレッシングをかけて食べたり、味噌汁に具材として入れてみたり、色々と楽しんでください。

 

塩蔵もずくは塩抜き前であれば常温で半年間ほど日持ちしますが、塩抜き後の日持ちは冷蔵保存で5日程度になります。また、塩抜き後に冷凍保存をするのは、臭みがでてしまうので避けてください。

賞味期限については「塩蔵もずくの賞味期限はどのくらい?保存方法はどうするの?」で詳しく説明しています。

 

おすすめは食べる分量だけ塩抜きすることです。

 

まとめ

さて、いろいろとわかったことがありましたね

 

1.もずくは、食べる前に必ず洗う必要があること

2.生もずくは、ササッと水洗いするだけ。ただし、冷凍生もずくは解凍が必要なこと

3.塩蔵もずくは、しっかりと塩抜きする必要があること

 

他にも、食べ方や保存方法に触れてみました。生もずく塩蔵もずくは、食べる前に“洗う”という手間はかかりますが、本格的なもずく料理をするためには欠かせない製品です。あなたのもずくライフに、ぜひ生もずく塩蔵もずくを取り入れてみてください。

 

3 thoughts on “もずくは洗うの?食べ方と保存方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です