インターネットからでも気軽に購入できるもずく。最近ではいろいろな種類のもずくが販売されています。

そのなかでも今回ご紹介したいのは「生もずく」

生もずくは未加工の状態で販売されていますが、その場合とても気になるのが食べ方や賞味期限と保存方法ですよね。このページでは食べ方について見ていくとともに、生もずくの魅力にせまっていきたいと思います。

そのまま食べていいの?手間はかかる?生もずくの魅力は?気になりますよね。

では、さっそく見ていきましょう。

 

生もずくの魅力

「生もずく?、、何が違うの?」

生もずくとは加工されていないもずくのことです。販売されている様々なもずくのなかで、水揚げされたばかりの新鮮な状態に一番近いものが生もずくです。

生もずくを実際に食べてみると、

あれなんかいつもと違う。みずみずしくて、磯の香りがいい。ぬめり?があって、シャキシャキしてる

これは塩蔵もずくや市販のもずく酢ではあまり感じられません、やはり「生」もずくならでは!

もずくの長期保存には塩蔵という方法が多く用いられていますそれは塩蔵がとても便利な保存方法で使い勝手もいいからです。そんな塩蔵ですが、塩蔵に適さないもずくもあります。収穫時期の初期に取れる”繊細”な生もずくは、塩に入れると溶けてしまいます。これはもったいないですよね。生もずくが食べたいという声が昔から多いことも事実。そんな思いにこたえるため、最近では収穫されたもののうち少量が生もずくとして流通しているのです。

たまにスーパーで冷蔵生もずくが販売されていることもありますが、なかなか見かけませんよね現在ではインターネットの普及もあって、冷凍生もずくを産地からお取寄することもできます。

生もずくは常温では売っていません。新鮮な生もずくは常温での保存ができないためです。

“生もの”の鮮度を保つためには冷凍保存、もしくは冷蔵保存が必要ですよね。

生もずくは、冷蔵もしくは冷凍された状態でしか販売されていないのです

 

冷蔵生もずくの食べ方

塩蔵だと塩抜きするけど、生もずくはどうなの?」

“冷蔵”生もずくは、ササッと水洗いするだけです。

「それだけ?」

冷蔵ですから解凍は不要ですし、海塩は水洗いで簡単に落ちます。

 

冷凍生もずくの食べ方

冷凍だとどうなの?」

“冷凍”生もずくなら解凍して、ササッと水洗いするだけ。これだけです。

おすすめは、冷蔵庫に移して解凍すること。
もちろん、自然解凍させても大丈夫です。

解凍が終わったら軽く水洗いして、もずくの表面についている海塩を落としましょう。海塩は水洗いで簡単に落ちます。

これでOK(早ッ)。

「これだけ?」

そう!これで調理前の準備は完了です(簡単)。

※上記の話は一般的なものなので、実際に購入する際は各業者に問い合わせてみるといいですね。

賞味期限や保存方法で気をつけるべきこともありますが、水揚げされたばかりのもずくの状態に一番近い「生もずく」は魅力的な食品です。

もずく好きの方、塩抜きの苦手な方、ぜひ一度購入してみてはいかがでしょうか?

4 thoughts on “生もずくの食べ方と魅力!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です